シリコンバレー発 小野里式仮想通貨投資5

ビットコインに必要なもの

ビットコインは仮想の通貨なので紙幣や硬貨のようなモノがあるわけでは
ありません。
ネット上ですべてが管理されているデータがビットコインなんですよね。

ですが、そのビットコインを利用するのには難しいことは何一つありません。
ビットコインはスマホひとつあれば誰でも使うことができるのです。

銀行や紙幣に何十年も慣れてしまっているとかなり抵抗があって難しいと思えてしまうかも知れませんが、慣れてしまえばこちらの方が断然楽です。

これはスイカが導入された時とよく似ています。
以前は切符を現金で購入し、スタンプを押してもらったり、自動改札機に入れていたものです。

今ではスイカにチャージされていますので券売機に行くことも圧倒的に少なくなってきたと思います。
しかもスイカは改札だけでなく、コンビニ自動販売機、さらにはタクシーでも使えるようになりましたので、現金を使う機会も減りましたよね。

しかし、最初の頃はやはり抵抗があってなかなか切符から抜け出せなかった方も多かったと思います。

このように習慣を変えるのって抵抗があるものなんですが、一旦スイカが普及し始めると爆発的に広まっていき、今では生活に定着しています。

ビットコインはスイカを上回る利便性を持っていますので、これ以上に普及する可能性はあるんですよね。

話を戻しますと、ビットコインの取引に必要なのはスマホだけとお話ししましたが、2通りの方法で利用が可能です。

ビットコインを扱っている取引所の口座を開設すること。

有名なのはビットフライヤーやザイフ、DMMビットコインなどがあります。

取引所の口座を開設すれば送金や受信だけでなく、ビットコインの
購入も可能になります。

開設に必要なのは身分証明書だけです。
住所、氏名などの必要事項を入力の上免許証やパスポートなどの身分証明書を写真で送るだけで開設できます。

ただし、住所確認のために通知が届きますのでそれを受理するまでは取引は原則できません。

取引所には専用のアプリもありますのでスマホで利用される方はダウンロードしておくといいですね。

ビットコイン専用のウォレットをスマホやパソコンにダウンロードする

ウォレットは現金を入れるお財布と同様だと思ってください。
ダウンロードは無料でもできますし身分証明書などの提出も要りません。
すぐに送金も受信も可能になります。

ただし、ウォレットの場合はビットコインの購入はできませんので、増やす場合には取引所の開設が必要になります。

ですので、可能であれば取引所とウォレットは両方取得しておくことを
おススメいたします。

小野里はじめ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*