ICO

小野里はじめ シリコンバレー発 小野里式仮想通貨投資術2

シリコンバレー式仮想通貨投資術②

情報収集の落とし穴 小野里はじめ

 しかし、情報は上流から取ったからといっても必ずしも有効ではありません。そこには技術者の“パッション”という投資家にとっては惑わされる邪魔者が存在するからです。あるサンフランシスコ在住の投資家はこうぼやいていました。

『ICOの99%はウソだよ』

衝撃的な発言となっておりますが、これはやはりそうなのでしょうね。

 事実、ICOは技術者のパッションが満載で実現不可能なまま終わってしまうものも少なくないのです。もちろん情熱やビジョンはなくてはならないものです。その心意気に賛同して、「協力してあげよう!」と利益度外視で投資するのであれば別ですが、投資家目線で判断するのならば、それが実現可能なものかバックボーンがしっかりしているかも加味する必要があります。でないと夢に乗っかるだけで、お金は増えていきませんからね(笑)

外さない仮想通貨3つのポイント

 では私小野里はじめはどんな仮想通貨に投資すればいいと考えているか知りたくありませんか?

実は、100%ではありませんが、角度の高いポイントは大きく3つあります。

 1つはイーサリアム、リスク、ネオなどに代表されるプラットフォーム型と呼ばれるものです。

パソコンで言えばOSみたいなものなので、今後開発のベースになるコインになりうるということでその価値は確実に上がっていきます。

なので上記3つは間違いなく仕込んでおいても現段階においては、損はないと思いますね。

 2つ目は中国系です。IMFも数年後には中国移転がほぼ決まる中、数年後の世界は経済、金融も中国主導で動く方向です。つまり仮想通貨も中国がらみのコインが外せないということですね。先述したネオは中国系イーサリアムと言われるプラットフォームですのでかなり上がることが期待されますね。

 最後の1つはSNSです。すでに5億ユーザーを抱えているテレグラムはICOを発表しており、非常に注目を集めています。さらにはフェイスブックのマークザッカーバーグも仮想通貨に乗り出すと宣言しております。こういった数億人規模でのユーザーを抱えるSNS系のICOなどはすでにある程度の価値が担保されていると言っても過言ではないでしょうね。

私小野里はじめも、フェイスブックにあげられるSNS系のICOはフルスイングしていくつもりです。

ただし、その時の市場の流れは読みますから、絶対に負けたくない、損したくない、ICOで資産を増やしたいという方は、私のお問い合わせフォームかLINEで連絡をお気軽にくださいね。

あなたの仮想通貨ライフを全力でサポートします。

小野里はじめ

シリコンバレー発 小野里はじめ式仮想通貨投資3

―小野里はじめのシリコンバレー式仮想通貨投資術③

仮想通貨投資で勝つための3つのルール

 よく投資の初心者が仮想通貨投資を始めて不安に陥るケースがありますが、まさにこういった基本をわかっていないからなのです。

☆情報は上流(仕掛ける側)から人脈で手に入れる

☆仮想通貨投資は世界基準で考える

☆情報の精度は情熱と現実の両面を加味する

 自信や確信を持って投資した仮想通貨であれば、日々乱高下するのが当たり前の仮想通貨において一喜一憂することなく

安心して待っていることができるはずです。そして、それこそが投資に一番必要な“メンタル”につながるのです。

仮想通貨で稼げない最大の理由

 お金は蛇口より器が大事なのです。いくら蛇口から出る水を増やしても、受け皿が小さかったり

ザルで受けては漏れてしまいますよね。お金も一緒です。いくら増えたように見えても手元に残らなければただの数字です。

 この状態を招くのが不安や恐怖なんです。一時的に大金を手にしてしまったり、お金が増えていくのを目の当たりにすると減っていくことへの不安に駆られます。この時にどっしりと構えていられる器が必要なんです。そしてその器を作るのがメンタルです。強いメンタルを持っていなければ、あなたの受け皿はザルなのでお金が結局残らないという状況に陥ります。だからこそ、しっかりとしたメンタルを持ち続けるためにも確実に稼げる情報網を持っている必要があるんですよね。

秘密の情報を手に入れる

 私は、常にこういった情報を収集するために日本国内だけでなくITの中心地であるシリコンバレーはもちろん、ヨーロッパ、中国、香港、アジアなどにも足を運んでいます。意外にも海外までくる日本人はまだまだ少ないのでかなり歓迎されて、そんなことまで聞いちゃって大丈夫なのというくらいの有益な情報を話してくれます。

 時間や人脈がなく、情報を取れない方にはLINE@で私が収集した最新の仮想通貨情報を配信していますのでぜひご登録ください。もちろん精度の高い情報のみを配信していますので、初心者の方でも迷うことなく稼ぐことができます。

 仮想通貨はオールウィンになれる最高の投資です。2018年は仮想通貨最大のバブルがくるとも言われています。今からでも遅くないので、ぜひ上流の最新情報をゲットして大きく資産を増やしてくださいね!

仮想通貨の最新情報はこちら

小野里はじめのオフィシャルマガジン

小野里はじめの公式LINE

小野里はじめ

小野里はじめ シリコンバレー発 小野里式仮想通貨投資6

ビットコインはなぜ上がる?小野里はじめが独自の視点で解説します

ビットコインは非中央集権のために国や銀行がその価値や価格を決めるものではありません。
では誰がビットコインの価格を決めるかと言えば、それは需要と供給でしかないのです。

これは株を想像していただけると分かりやすいかも知れません。
上場している企業の株もその価格を決めるのはその株に投資している投資家です。

買いたい投資家が増えれば株価は高騰しますし、売りたい投資家が増えれば株価は急落します。

ビットコインもまさにこれと同様、利用者や利用できる場所が増えて欲しいと思う人が増えれば価格は高騰するということ。

そして、もう一つ株と同じ理由でビットコインの価格が上がる理由があります。それが発行数です。

株もなぜ欲しい人がいると価格が上がるかと言えば、各企業ごとに発行株数が決まっているからです。

いくら有望な株とはいえ無限に発行できればその価値は担保されなくなりますよね。

同様にビットコインも発行数は2100万枚と決まっています。

これはビットコイン自体に希少性を持たせその価値を高めるためなんですよね。

欲しい人が沢山出てくる、でも発行数が決まっているから欲しくても買えない。
この“欲しくても買えない”という状態が価格を押し上げるのです。

では、なぜビットコインを欲しがるのか?

それは簡単な話で、ビットコインが仮想通貨の基軸通貨になっているからです。

紙幣の中ではドルやユーロなどと同様、仮想通貨ではビットコインが取引の中心なんです。

実際他の仮想通貨を購入する場合にはビットコインで送金することも多くその都度ビットコインを用意する必要があります。

これから世に出てくる仮想通貨も沢山ありますから、そういったコインにもビットコインなら両替可能なんですよね。

そんな流用性の高いコインだからこそビットコインの需要は今後も高まるばかりで相場は大きく値崩れせず、むしろ上がっていく可能性の方が大きいという訳です。

その需要の波は日本でも

だからこそ、日本でもビックカメラや丸井メガネスーパー、DMMをはじめ沢山の店舗やネットで利用することができるようになってきています。

ビットコイン決済を導入している企業もその価値が下がれば売上、利益ともに下がります。
逆にビットコインで決済してもらってビットコイン自体の価格が上がれば、同じ商品を売ったとしても利益がさらに増えるという訳です。

大手企業がこぞってビットコイン決済を導入していることを考えれば、ビットコインの価格がまだまだ上がるということは容易に想像がつきますよね。

小野里はじめ